ディズニーシーをおひとりさまで楽しく過ごす方法!メリット・デメリットも紹介

      2017/04/27

ひとり焼肉、ひとりカラオケなど、最近はさまざまな「おひとりさま」を楽しまれる方が多いですよね。

おひとりさま上級者は、ひとりテーマパークも楽しんでいますよ。

そこで、今回は、ディズニーシーにひとりで行くメリット・デメリットとひとりで楽しむ方法をお伝えしていきます。

→ 旅行にもお出かけにもおすすめ!高還元率のクレジットカード徹底比較

おひとりさまディズニーシーのメリット

すべて自分の自由

ディズニーシーは、ディズニーランドと比較すると、大人向けのテーマパークです。

ディズニーランドにはないお酒の取扱もありますし、アトラクションのスリル感もシーのほうが上です。

お客さんも、子供連れのファミリーももちろんたくさんいますが、比較的大人の率が高いです。

ひとりディズニーシーのいいところはなんといっても自由に行動できるという点ですが、それは食事にしてもアトラクションにしてもそう。

同行者に合わせてお酒を飲む量を調整刷る必要もないですし、好きなアトラクションに何回もチャレンジすることも可能です。

ただし、お酒がOKだからといっても飲み過ぎには注意してくださいね。

普段は大丈夫な量でも、アトラクションに乗ったりしますと予想以上にお酒がまわるということもありえます。

おひとりさまディズニーシーのデメリット

カップル率が高い

ディズニーランドと比較して、カップル率が高いのがディズニーシーなんです。

だから何?と思う人は大丈夫なんですが、カップルを見ると自分がひとりで来ていることが悲しくなっちゃう人は要注意です。

ひとりテーマパークは決して悲しい行動ではありません。

「ひとりで来ちゃうくらい好きなの!だって楽しいもん!」というくらいの気持ちを持つことが大事ですよ。

堂々と楽しみましょう!

スポンサードリンク

ひとりディズニーシーを楽しく過ごす方法

メリット・デメリットをふまえて、ディズニーシーをひとりでも楽しく過ごすことができる方法をご紹介します。

チケットはネットで購入を済ませておく

ディズニーシーに入る前から並ばないといけないなんて、ダメです。

ひとりのときの待ち時間ほど長く感じるものはありません。

省ける待ち時間は極力減らしていきましょう。

チケットは事前に購入しておけば、チケット売り場に並ぶ人を横目に、スムーズにディズニーシーに入ることができますよ♪

【JTB】東京ディズニーリゾート(R)への旅

ディズニーシーの事前チケット購入はJTBがおすすめです。

コンビニで発券できますので楽です。

キャラクターと写真をとるときは…

ディズニーシーは、自撮り棒が禁止です。

ですので、おひとりさまがキャラクターと写真をとりたい場合は誰かにとってもらうしかありません。

基本的にキャラクターがまったくのフリーの状態ということはほぼありません。

一緒にキャラクターと写真をとろうとしている他の人に声をかけて、とってもらい、お礼に自分もその方たちとキャラクターの撮影のときにとってあげましょう。

→ 旅行にもお出かけにもおすすめ!高還元率のクレジットカード徹底比較

ファストパスとシングルライダー、アプリを使いこなす

ディズニーシーはディズニーランドよりもライド系のアトラクションが多いです。

そのスリル感もシーのほうが上。

大人好みのアトラクション率が高くなっているので、その夢の国の世界を楽しむのみならず、アトラクション好きはここぞと乗りまくってください。

人気のアトラクションは待ち時間が出てしまいます。

ひとりで長時間並び続けるのは、実際結構辛いもの。

列にならぶときは、迷わずシングルライダーのところへ並びましょう。

すべてのアトラクションではないですが、端数の席に優先して入れてくれるシングルライダー制度があります。

4人席のアトラクションに3人グループが座ったときの1つ余る席にシングルライダーのお客さんをつめていく、というような制度なんですが、通常の列に比べて待ち時間が少なくてすむんですよ。

おひとりさまとしてはとてもありがたいシステムですので、並ぶ列の入り口で、シングルライダーの入り口が開いていたら、そちらへどうぞ。

ファストパスをとるよりも案外シングルライダーのほうがスムーズなことは多々ありますよ。

シングルライダーが開いていない、そして通常の列はかなり待ち時間がある、という場合は、ファストパスがおすすめです。

ファストパスは長時間並ばなくても、パスにかかれた時間にそのアトラクションへ行くとスムーズに案内してもらえるもの。

ただ、人気のアトラクションでは早々にその日のファストパスが終了してしまいます。

そうなると長蛇の列に並ぶしか選択肢がなくなってしまいますので、前もって、特に人気でファストパスが終了しやすいアトラクションはチェックしておき、早い時間にファストパスを確保しておくといいでしょう。

それぞれのアトラクションの待ち時間などを簡単にチェックできるアプリを活用するのもおすすめです。

パーフェクトディズニーガイド ディズニー待ち時間

そして、アプリにたよるあまりに充電を消耗してしまうと大変です。

スマホの充電さえあれば、スマホで写真もとることができますし、アトラクションの待ち時間も暇つぶしができますよね。

ひとりのときはいつもよりも、スマホの充電が切れてしまうのは致命的ですから、バッテリーを持って行くなどすると安心です。

モバイルバッテリー 大容量 軽量 iPhone7 Plus iPhone6s plus iPhone6 Plus 2.1A 急速充電 Andoroid スマホ充電器 10000mah

小型でもパワフルなものもたくさんありますよ♪

水上からの景色を楽しむ

ディズニーシーは、水上からその景色を楽しむアトラクションがあります。

ヴェネツィアン・ゴンドラや、蒸気船のディズニーシー・トランジットスチーマーラインなどがそうです。

大人のひとりディズニーシーでは大人な楽しみ方の1つとしてぜひ「景色を楽しむ」ことを取り入れてください。

キレイな景色を自分で撮影するのもいいですよ。

ロマンティクな水上の旅となるので、乗る時間帯によっては、グループやカップル客が多いです。

ゴンドラは定員が16人でわりと少人数で、座る向きも進行方向1方向に向いているわけでなく、四方からゴンドラの真ん中向きで席が配置されているので、おひとりさまは居心地が悪いかもしれません。

そういうことが気になる方は、蒸気船がおすすめですよ。

ゴンドラよりも大人数で乗り込みます(定員49名)し、進行方向に向いた座席ですので、こちらのほうが人目が気にならないかもしれません。

スポンサードリンク

防寒対策に注意

ディズニーランドもディズニーシーも海が近いので寒いのですが、ランドとシー、どちらが寒いかと言うと、シーのほうが海に面しているので、さらに寒いです。

冬場は寒いのを想定して、みなさんかなりな防寒対策をしていくでしょうが、見落としがちなのは、春や秋。

日中は寒くない季節でも、夕方以降一気に寒くなります。

ナイトエンターテイメントを楽しみたい方は、夕方以降の寒さのための対策を万全にしていきましょう。

というのも…

日中、ついついお酒を飲んでしまい、そしてその後急激に気温が下がると…思いの外体感温度が下がるんです。

すると、ショーを見たいのに、お手洗いに行きたくなってしまったりします。

とにかく、冬のディズニーシーは寒いですし、秋や春のディズニーシーもなめないこと、です。

調節できるよう、脱ぎ着できる格好で行ったり、ひざ掛けとしても使えるような大判のストールを持っていくなどしておくだけで随分違いますよ。

おすすめのないとエンターテイメントは、メディテレーニアンハーバーで見ることのできるファンタズミック!です。。

見ているだけで幻想的な世界を楽しむことができる、壮大なショーで、レーザー光線などが出たり、特殊効果が出たり、とてもキレイです。

約20分の上演時間じっと集中して見るためには、防寒対策必須ですよ。

昼間上着などが邪魔になるときは、コインロッカーを利用するといいですよ。

→ 旅行にもお出かけにもおすすめ!高還元率のクレジットカード徹底比較

まとめ

ディズニーシーをひとりで楽しむための方法をお伝えしました。

ひとりディズニーシーを楽しく過ごす一番のポイントは、待ち時間を少なくすること、そして待ち時間に退屈しないこと、です。

ひとりでテーマパークを楽しむとき、実際はそこまで人の視線は気にならないのではないでしょうか?

気にしている暇もないくらい夢中で楽しんでいることが大事です。

結局は自分が寂しい…どう見られているだんろう…と気にしてしまうことが、まわりにも伝わって「ひとりで来てるなんてさみしいのかな」と思われてしまうことになります。

心からひとりでディズニーシーを楽しんでいる大人の女性って、かっこいいですよ♪

そういう人は寂しいそうになんて見えません。

暇対策を万全にして、心からひとりディズニーシーを満喫してきてください。

→ 旅行にもお出かけにもおすすめ!高還元率のクレジットカード徹底比較

 - おひとりさまおでかけ