花見をおひとりさまで楽しむための計画の立て方や場所選びの方法

      2017/02/26

お花見といえば、大勢でわいわい楽しむイメージですが、最近はおひとりさまで楽しむ方も増えています。

誰かと一緒でいくよりも、おひとりさまであるがゆえに楽しめることもあるんですよ。

そこで、今回はそんなおおひとりさまで楽しむためにどう計画をしたらいいのかや、そのための場所の選び方などもご紹介します。

お花見をおひとりさまで楽しむための手順や場所の選び方は?

女子1人で花見を楽しむコツって言われてもピンとこないかもしれません。

大勢でわいわい楽しむ場合は、周りに気を遣ったり場所を探したり確保したり、飲物や食べ物の用意と大変です。

ですが、おひとりさまの場合は、場所取りも気にしなくていいですし、おひとりさまで静かに桜を見れます。

それに桜を見ながら、自分がやりたいことをできるというメリットもあります。

座って見るか歩きながら見るか

お花見のパターンは大きくわけると2つ。

場所を確保して座ってのんびり見る方法と歩きながら見てまわる方法です。

1.歩きながらのお花見

ひとり花見の初心者には、歩きながらのお花見がおすすめです。

桜並木や桜の割いている公園を散歩がてら歩く方法です。

一人でお花見をする、ということに、まだ少しためらいや恥ずかしさがある人は座って見るよりも歩きながらのほうがチャレンジしやすいはず。

歩きながら見るお花見は、いつでも通ることのできる道路やいつもで出入りでいる公園はもちろん、もう少しイベント感がほしければ、期間限定で開放される場所へ出かけていくのもありです。

東京であれば、皇居(ただし、2017年は桜の植え替えのためなし)、大阪であれば造幣局など、普段一般公開れておらず自由に出入りはできないところが通り抜け式のお花見会場として開放されます。

大変混雑はしますが、歩きながら見るタイプのお花見では押さえておきたいスポットですね。

スポンサードリンク

2.お店の中から座って見るお花見

座って見るお花見の中でも、チャレンジしやすいひとり花見の方法は、レストランやカフェなどお店の中の席から見るお花見です。

レストランやカフェに一人で入る必要がありますが、おひとりさま行動としては、外での一人お花見のほうがきっとハードルが高いので、お店の中からの一人花見のほうがチャレンジしやすいでしょう。

さらに、レストランよりもカフェのほうが、おひとりさまでも入りやすいですね。

ただ、お花見の時期に、桜が見えるお店は、やはり人気で大変混み合います。

予約ができるお店であれば、桜が見やすい席から埋まってしまいますし、場合によっては桜チャージをとるお店もあったりしますので事前に確認したほうがいいです。

また、お店からのお花見は、天候に左右されないので、雨が降っても、冬並みに寒い日でも関係なく桜を楽しめるというメリットもあります。

花粉症の人にもおすすめです。

3.外で座りながらのお花見

一番多いお花見のパターンです。

いかにもなTHE 桜の名所でひとりでレジャーシートを広げて…というのはさすがにできないという人にもチャレンジしやすいのは、身近な場所。

・近所の公園

大規模なお花見で有名な公園は別として、近場の公園などであれば、お花見以外の目的で公園にいる人も多いので、一人でお花見をしていてもいろんな意味で目立ちません。

ちょっとした飲物と食べ物を持ってでかけてみるのにおすすめです。

4.番外編

番外編としてご紹介する方法は2つ。

  • 自分だけのスポットを探すお花見

自分だけのスポットというのは、名所でも穴場でもないスポットです。

会社の屋上から見る近くの公園の桜、とか、近所の公園の中でもこのベンチから見るこの木がいいとか。

そういうお気に入りスポットを見つけて、毎年そこで桜を見ることを恒例のイベント化するんです。

毎年違うところでいろんな桜を見るのもいいですが、恒例スポットで楽しむというのもなかなかおつなものですよ。

  • 場所を決めないお花見

ひとりお花見だからこそできる、その日の気分で行くお花見です。

行こうと思ったときに、その日にお花見ができる近場のスポットをネットで検索して、その足で向かうというスタイル。

PCでもスマホでも、ネットさえ使えれば、その日の時点での桜の開花状況などの情報は即座に手に入ります。

前持ってたてる予定よりも、その日のベストな桜を選ぶほうが結果オーライなこともあります。

フットワーク軽く思いつきで下準備なく、その日のその時の気分で、スタイルも決めずに楽しむお花見。

この自由さこそが、おひとりさまの最大の魅力です。

スポンサードリンク

お花見をしながらの過ごし方

お花見といったら、一番多いのは、お酒を飲みながら、食事をしながら、でしょう。

一人でそういう楽しみ方ももちろんありです。

一人だからこそできる過ごし方は…

  • 桜をスケッチする
  • 一眼レフなどで桜の写真をとる
  • 読書をする

などがあります。

人に気をつかう必要がないので、自分の趣味を楽しみつつお花見をするんです。

渋いところでは、俳句を読む、なんてのもいいかもしれませんよ。

 

自宅でエアー花見

どうやら最近では、エアー花見というのもあるようです。

エアー花見とは何かと言うと、「他の人がSNSなどにアップしている桜の写真を見ながら、花見をすること」です。

間接的なお花見の形ですね。

これがお花見と言えるのかはわかりませんが、このお花見の方法であれば、出かけることなく、自宅で桜を楽しむことができます。

なかなか出かけていく時間のない方や、興味のある方は一度お試しください。

 

まとめ

女子でおひとりさま花見を楽しむ方は、たくさんいますが、人それぞれに花見の楽しみ方は違います。

お花見はこうしなければいけないという決まりはないので、スタイルはさまざま。

一人花見でビューしようかなと考えている人は、堅苦しく考えず、自分なりのお花見の方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 - おひとりさま季節イベント