一人旅をする女子におすすめ!国内で3月に行きたい場所【福岡・新潟】

      2017/04/27

3月…なんとなくさびしいきもちと、なんとなく新しいきもちがまじりあう季節ですよね。

こういうタイミングって、旅に出たくなるもの!

友達との旅行もいいけれど、ひとりでぶらっと心ゆくままたのしめる一人旅は癖になります。

今回は、女性の一人旅にぴったりの場所を国内で厳選して2ヶ所ピックアップ!

3月だからこそ行きたい場所です。

女性の一人旅 3月のおすすめ2選

新潟県 十日町・津南町エリア

3月といえば、春の訪れを感じる地域もチラホラ。

季節を先取りしたくて桜の綺麗な地域に出かけていても、まだ蕾だらけでがっかり…なんてことも。

それならあえて逆を行きましょう!

これからはじまる春と新しい年度を前に、今年度最高の締めくくりとして、雪国・新潟の芸術を心ゆくまで堪能してみませんか?

今回まずおすすめするのは、新潟県の十日町・津南町エリア。

東京駅から新幹線で長岡駅まで2時間弱、越後湯沢駅までは1時間半で行くことができます。

十日町はそこから電車で1時間しないところに位置しています。

越後妻有里山現代美術館キナーレ

一人旅でのおすすめは、美術館巡り。

地方の美術館はこぢんまりとした所も多いですが、都心の様に混雑していない場所が多く、自分のペースで作品を鑑賞することができます。

十日町市は3年に1度開催される世界最大規模の国際芸術祭、大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレの開催場所でもあり、芸術にとても力を入れている地域のひとつになります。

おすすめは、越後妻有里山現代美術館キナーレ。

海外アーティストの作品も多く、ハイセンスな空間になっています。

こちらは地域全体で行われている「大地の芸術祭の里」の拠点施設にもなっています。

Rieさん(@bonipin)がシェアした投稿

越後妻有里山現代美術館キナーレ

大地の芸術祭の里

十日町市博物館

次にご紹介するのは十日町市博物館です。

こちらは国宝に指定された縄文土器「火焔型土器」が常時展示されています。

出典:十日町市ホームページ

この土器は今から4500年ほど前の縄文時代中期中ごろに造られた土器で、大きく立ち上がる把手が、燃え盛る炎のように見えることから命名されたそうです。

歴史好き、縄文好きの方には特におすすめです。

十日町市博物館

スポンサードリンク

美人林

十日町市には、自然の芸術も楽しめます。

松之山松口の北の丘陵に、樹齢約90年のブナ林が広がっています。

すらりとした立ち姿が美しいことから「美人林」と呼ばれるようになったそうです。

春夏秋冬どの時期に訪れても美しく、全国から大勢の写真愛好家や観光客が訪れる観光名所となっています。

@_____umi.18がシェアした投稿

棚田

他にも十日町市には「星峠の棚田」をはじめとする、美しい棚田がいくつかあります。

十日町の棚田は緑ゆたかな田んぼや里山、生き物など、美しい自然と景観が受け継がれていることから、「にほんの里100選」に選ばれています。

スポンサードリンク

つなん雪まつり SNOW WAVE &スカイランタン

 

出典:つなん雪まつり – SNOWWAVEとスカイランタンの感動と幻想の雪まつり

ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」では、夜空にたくさんの光り輝くランタンを飛ばすという有名なシーンがあります。

こちらは実際にある、海外のお祭りがモデルになっています。

“スカイランタンは、タイや中国のお祭りで打ち上げられる熱気球の一種で、コムロイや天灯(てんとう)とも呼ばれます。
その柔らかく温かい明かりは「知恵」を象徴し、正道へ導かれるためのお布施として行う伝統があります。
スカイランタンの発祥は今から770年前までさかのぼり、当時は通信手段として使われたと言われています。
現在は無病息災を祈る民俗習慣として定着しており、夫婦や恋人同士が打ち上げる特別なイベントとして、メッセージを書き添えて天に祈りを届けています。”

引用:スカイランタン打ち上げ詳細 – つなん雪まつり

このスカイランタンが、なんと新潟の津南町でも観ることができるんです。

それが3月11日に行われる、「つなん雪まつり SNOW WAVE &スカイランタン」です。

海外でのスカイランタンは無病息災を祈るためとありますが、こちらのつなん雪まつりでも、震災復興の意を込めてランタンの打ち上げが行われているそうです。

また、今年は花火も打ち上げられるため、更に夢のような時間を過ごせるかと思います。

そんな魅力的なスカイランタンを見てみたい!と少しばかり胸を躍らせながら調べてみると、なんと打ち上げは2名1組!しかもチケットは抽選! 駐車場はチケット当選者のみ!

とても人気なので即完売となってしまい、友人やご家族と行くとならばなかなか参加のハードルが高いイベントなんです。

しかし、おひとりさまならそれらを心配する必要はなし。

鑑賞するだけでしたらチケットも、一緒に打ち上げる人も駐車場も必要ありません。

各所から随時シャトルバスが出ていますので、そちらの乗車賃500円のみであの幻想的な、ランタンが空を舞う様子を間近で観ることが出来るんです。

シャトルバスの発着場所、運行時間については公式サイトでチェックしてみてくださいね。

つなん雪まつりでは、SNOW WAVEといって、スノーボードの大会も行われます。

その他にも地元の美味しいものや様々な飲食店などの露店市や雪上自転車体験、縁結びの神社であるかまくら神社、五穀豊穣を祈願したどうろく神と天狗による迫力ある伝統の舞、ステージでのイベントなど楽しい企画が目白押しの、とっても充実したお祭りです。

公式サイト:つなん雪まつり

出典: 津南町観光協会公式サイト「津南彩発見」

新潟県の十日町・津南エリアの魅力いかがでしたか?

新潟の素敵な風景や作品に浸る一人旅は、心を癒やし、心のデトックスをして、あらたな発見をするのにとってもおすすめです。

→ 旅行にもお出かけにもおすすめ!高還元率のクレジットカード徹底比較

2ページ目へ続きます(福岡エリアをピックアップ)↓

ページ: 1 2

 - おひとりさま旅行