一人旅をしたい女子におすすめ!GWの海外旅行2選【スペイン・台湾】

      2017/04/27

今年のGWの予定はもう決まりましたか?

5月1日、2日もお休みが取れれば、2017年のGWは9連休!

数少ないこの連休に、海外一人旅にチャレンジしてみましょう。

今回はGWにオススメな一人旅海外旅行スポットのご紹介をしたいと思います。

1.情熱の国、スペイン

ヨーロッパは5月6月が気候的にもとても過ごしやすいです。

7月8月はバケーションで多くの店が休暇をとっておりオープンしていませんがこの時期ですとキリスト教圏の国は日曜日以外でしたら殆どのお店は通常通り営業しています。

折角行ったのに、どこのお店もクローズしていたら悲しいですよね。

夏休みよりも、GWのほうがヨーロッパ旅行は断然おすすめなんです。

ヨーロッパの中でもおすすめしたいのが、スペインです。

スペインがおすすめの理由

  1. 人がとても親切、陽気だから
  2. 食べ物が美味しいから
  3. 観光スポットがたくさんあるから

1つずつ解説していきます。

1.人がとても親切、陽気である

スペインで道に迷ってしまい近くの人に声をかけると、お節介なほどに親切に教えてくれます。

ただ場所を伝えるだけでなく、「この電車に乗るんだよ」「次で降りてね」「気をつけてね」と、初対面とは思えないほどの親切っぷりに、涙が出てきそうになります。

また、地図を見ながら立っていると「手伝うことはない?大丈夫?」「道に迷ったの?」と声をかけてくれることもあります。

自分が分からない場所でも検索してくれ、丁寧に教えてくれる人が多いです。

同じヨーロッパでも、発音がおかしかったり、その国の言葉が話せなかったり、アジア人であるということで、冷たい態度を取られる所もありますが、スペインは人情味あふれる方が多い印象ですね。

知らない土地で、手を差し伸べてくれる人が多い国は、ひとり旅をする上でとても心強いですよ。

ただし、親切な人を装ってスリやひったくりを行おうとする人も中にはいますので、安易に持ち物を預けたり、話に夢中になり荷物の管理を疎かにしたりするのは絶対にやめましょう。

スポンサードリンク

2.食べ物が美味しい

素晴らしい景色や建物がたくさんあっても、ご飯が美味しくなければ台無し。

本場のスペイン料理は日本人の口に合うものばかりです。

日本で食べる生ハムやオリーブは、塩っけが強いものが多いですが、本場のものは塩気が少なく、旨みがたっぷりで本当に美味しく、いくらでも食べられちゃいます。

パエリアが有名ですが、その土地によって具材が違うため、AVE(日本の新幹線のようなもの)などでスペイン各地へ旅行される方は、食べ比べをするのも楽しいかと思います。

残念ながら2人前からしかオーダーできないところが多いんです。

1人前からオーダーできるお店もありますので、事前に調べておきましょう。

屋台などで安価に売られているものは、サフランを使用していないものがあり、日本で食べるものと大差がないので、スペインに行ったら是非レストランでサフランの香りたっぷりの、本格的なパエリアを食べてください。

また、日本ではあまり知られていませんが、スペインでは鱈料理も有名ですので、こちらも是非食してみてください。



3.観光スポットがたくさんある

スペインと一口に言っても広大なため、今回はバルセロナに焦点を絞ってご紹介します。

・ガウディ

バルセロナといえば、なんと言ってもサグラダファミリア。

サグラダファミリアといえば、ガウディです。

バルセロナにはサグラダファミリア、グエル邸、グエル公園、カサバトリョ、カサミラ、カサビセンス、グエル別邸、サンタテレサ学院、カサカルベットなど、ガウディの建築物が至るところにあり、街歩きをするだけでも十分に楽しめます。

都市部のマドリードもそうなのですが、スペインは現代的な町並みと、歴史的建造物が違和感なく調和しており、歩いているだけでとてもワクワクした気持ちになれます。

・カタルーニャ音楽堂

バルセロナには世界遺産のカタルーニャ音楽堂もあります。

アールヌーボー様式の建築が美しい、豪華絢爛な音楽堂です。

その他に、カタルーニャ通りには「キリンのマハ」「考える牛」といった変わった彫刻があったり、おひとり様でも充分楽しめ、地元の人と交流ができるバルがたくさんあったりと、目白押しです。

冒頭にも書きましたが、スペインはキリスト教徒(カトリック)が多く、日曜日は安息日のため、観光地でもクローズしているところがとても多いです。

ですので、日曜日はショッピングや観光はお休みの日にして、ゆったりと散歩をしたり、教会に訪れたりしましょう。

スポンサードリンク

・サルダーナ

出典:サルダーナ

日曜日の正午時の大聖堂前の広場には、毎週沢山の人が集まるイベントがあります。

カタルーニャ地方の民族舞踏、サルダーナを、大聖堂の前で踊るのです。

楽隊がやってきて、演奏が始まると、みなさん輪になってダンスを踊り始めます。

1~2組ではなく、何組も何組も、衣装を合わせて来られるグループも、地元の人たちも、笑顔でサルダーナを踊っています。

実際に輪の中に入るのは勇気がいるかもしれませんが、陽気な音楽とダンスを眺めるだけでも、とっても楽しいですよ。

また、大聖堂の中はミサが行われており、粛々とした雰囲気ですが、大きな声を出さなければ見学可能です。

大聖堂に響く賛美歌は感動ものですよ。

旅行におすすめのクレジットカードを比較してみた

2.気軽に楽しめるアジア、台湾

海外旅行には行きたいけれど、GWの全日程を旅行につぎ込みたくはない、長いフライトが苦手、費用がかかるから、知らない土地は色々と不安…などなど、実際のところ海外旅行はハードルが高いです。

それでも海外でひとり旅をしてみたい、そんなあなたにおすすめなのが、国内旅行と変わらない、もしくはそれよりも安く、気軽に行けてしまう隣国、台湾です。

ひとり旅初心者にもおすすめですが、台湾の良さにハマり、何度も訪れるリピーターもたくさんいますので、ひとり旅に慣れているあなたも要チェックです。

台湾がおすすめな理由

  1. 人がとても親切、親日で日本語が通じるから
  2. 治安が良いから
  3. ひとりご飯がしやすく、食事も美味しいから

1つずつ見ていきましょう。

1.人がとても親切、親日で、日本語が通じる

台湾はとても親日な方が多く、あちらから声をかけてくれることもしばしば。

日本語がわかる方も一定数いらっしゃり、日本語で教えてくれるのでとっても助かります。

日本語が分からない方も英語で教えてくれたり、漢字を見せ合いながらパズルのようにコミュニケーションを取ったり、絵を書いて教えてくれたりと、嫌な顔せずに色々と親切にしてくれる方がとても多いです。

また、台湾ではおしゃれな人や、マナーのいい人が多く、海外旅行ならではの「日本とは違う適当さ・マナーの悪さ」に疲弊することもありません。

2.治安が良い

台湾は夜市や朝市が有名で、屋台がたくさん出ています。

どこからともなく八角の香りが漂い、まさに「アジア」という感じなのですが、中心地で台北101など近代的な建物が並び、その古き良きアジアと現代のミックスされた様がとても魅力的です。

夜市を行っている場所も、中心地も夜遅くまで人で賑わい、日本にいるときと同じ様な安心感で夜を過ごすことができます。

ただし、他国に比べると治安の良い国ですが、やはり「日本人=お金を持っている」というイメージを持たれているのはどこの国へ行っても同じですので、特に夜市などの人ごみでは貴重品の管理はきちんとしましょう。

スポンサードリンク

3.ひとりご飯がしやすく、食事も美味しい

ガイドブックに載っている有名店での料理もゆっくり出来て最高ですが、なかなか気恥ずかしくて入りにくい…という方は、屋台がおすすめ。

屋台でしたらお一人で買われる方がいても全く不思議ではないですし、食べ歩きをしている方も多くいます。

屋台で美味しそうなものをいくつか買って、歩きながら食べたり、どこかでゆっくり腰を下ろして食べたりしてもいいですね。

台湾は野良犬・放し飼いを合わせ、多くの犬が街をプラプラと歩いています。

特に食べ歩きをしていたり、ベンチで休んで食べ物を食べていたりすると様子を見に近くをうろうろしてきます。

狂犬病などの病気を持っている可能性もありますので触らない方がいいですが(病気を持っていなくても噛まれて怪我をしたら、海外ですのでいろいろと大変です。)日本の野良猫の様にどこにでも現れ、なんだかほっこりします。

台湾は美味しいものがたくさんあります。

スープが美味しい小龍包が、低価格で味わえます。

少量だけ食べて、色んなお店を回るのもいいですね。

そしてデザートには緑豆やタロイモなどをトッピングしたかき氷を。

台湾のかき氷というと、マンゴーかき氷を連想する方も多いかと思いますが、この伝統的なかき氷は様々な食感が楽しめ、一度食べたら病みつきになる美味しさです。



台湾のおすすめスポット

代表的な台湾の観光スポットを紹介します。

台湾を代表するパワースポット、龍山寺

 

創建約270年の歴史を持つ、台北で最も古いお寺である龍山寺は、独特でデコラティブな装飾が印象的です。

しかしすごいのは見た目だけではなく、願い事をすればご利益があると言われ、地元の方からもとても信頼を受けている最強のパワースポットなのです。

平日でも観光客や地元の方で賑わい、真剣に祈祷されている地元の方も多くいらっしゃいます。

異国情緒あふれるパワースポットで、願い事を唱えてみましょう。

九份

「千と千尋の神隠し」のモデルになったことでも有名な九フンは、台北からバスや電車で、2時間ほどで行ける定番の観光スポットです。

ライトアップされた赤ちょうちんがとても幻想的ですが、綺麗な景色を眺めながらいただくお茶は贅沢なひと時を過ごすのには欠かせません。

有名な茶屋がいくつかありますが、どこのお店に入っても、お茶の味はやはり日本で飲むのとは香りが全然違います。

ヒスイが有名で、九フンのお土産屋さんでもたくさん売られています。

安価で買えるものもありますので、パワーストーンがお好きな方もそうでない方も、旅の思い出にいかがですか?

まとめ

以上、GWに訪れてみたい、海外のおすすめスポットのご紹介でした。

人々の優しさに触れ、心も体も満たされるスペイン、台湾に一度足を運んでみてはいかかでしょうか。

旅行におすすめのクレジットカードを比較してみた

 - おひとりさまおでかけ, おひとりさま旅行