花見を女性一人で楽しめる京都のおすすめ穴場スポット6選2017 | Daygee!!!

花見を女性一人で楽しめる京都のおすすめ穴場スポット6選2017

   

京都といえば、風情な街として知られていますので桜が似合いますね。

そのため京都では、花見を楽しめるスポットもたくさん存在します。

そこで、今回は花見を女性一人で楽しむための京都の穴場スポットを2017版として紹介します。

京都の桜の開花時期はいつ?

まずは気になるのは京都の桜の開花時期ですよね。

京都の開花時期は、4月上旬から中旬です。。

大阪や東京都比べても少し時期を長く楽しめると言われています。

この理由は、京都の地形が関係しているから。

南北に長い形をしていて南北での気温差があること、盆地なので、平野部と山間部での気温差があることが理由です。

また、桜の種類もソメイヨシノから始まり、しだれ桜や八重桜などいろんな種類を見ることができるからです。

そのため、咲き始めの早いものから遅いものまでと、桜を長く楽しむことができるんです。

京都でおひとりさまにおすすめのお花見穴場スポット

1.山科疎水(やましなそすい)

ここ山科疎水は、両岸に桜と菜の花が植えられ散策コースになっています。

疎水とは、土地を開いて設けた水路のことです。

そして、この山科疎水は滋賀県の琵琶湖から来ている水路です。

無料解放されている場所ですので気軽に行くことができますよ。

約660本の桜が咲き誇るうえに、桜と菜の花のコントラストがすごく綺麗なんです。

黄色・ピンク・緑、そして晴れていれば空の青と、色鮮やかな光景となり、かなりおススメです。

最寄り駅はJR山科駅。

歩いて10分ほどで着きます。

2.毘沙門堂(びしゃもんどう)

ここには何種類もの桜が咲いています。

その中でも有名なのは、「毘沙門しだれ桜」です。

毘沙門しだれ桜は、京都市山科区の方の誇りの木とも言われていて、地元の人の自慢の桜なんです。

今の桜は5代目。

その枝ふりがなんと30メートルにもおよぶんです。

1本の桜から伸びる長い枝に咲く桜は圧巻。

しだれ桜なので、上から下に伸びた枝に壮大に咲く桜、それを下から見上げるなんてなかなか他では経験できないですよ。

毘沙門堂自体は通常拝観料のかかる場所なのですが、桜を見るだけであればなんと無料です。

せっかく足を運んだのであれば、拝観料500円を支払って桜以外も楽しんでいただきたいです。

最寄り駅は、JR山科駅か京阪山科駅。

徒歩約20分と駅から少し遠いですが、山科の風景の中でてくてく歩いていくのもまたいいですよ。

毘沙門堂公式サイト

スポンサードリンク

3.仁和寺(にんなじ)

この仁和寺では、遅い時期の桜を楽しむことができます。

その桜は、「御室桜」と呼ばれるもので、背丈が2メートルほどの桜の木です。

人の背丈ほどしかないので、桜を目の前で楽しむことができます。

とてもおすすめなのですが、この桜は気候によって咲く時期がとても左右される桜でもあるので、開花予想が難しいのが難点です。

また、仁和寺は桜を見る目的であっても、拝観料が必要で、9時から17時半までと時間も決まっています。

飲食もできませんのでご注意ください。

御室桜の開花情報は仁和寺公式サイトで発表されますので、気になる方はまめにチェックしておくといいですよ。

仁和寺桜情報

最寄り駅は北野線 御室仁和寺駅。

徒歩約3分です。

仁和寺公式サイト

4.井手町の桜まつり

井手町のさくらまつりは、井手町の玉川で開催されます。

その河川敷に並ぶ桜並木を、さくらのトンネルをくぐるように楽しむことができるんです。

近くには屋台も並ぶのでお弁当など自分で用意をしていなくても楽しめます。

ふと立ち寄って散策しながら、屋台を楽しむのもいいですよ。

そして時間があるのであれば、夜のライトアップもぜひ。

さくらまつりというだけあって、ここの桜をみると、他の桜が安っぽく見えるかも知れません。

最寄り駅はJR玉水駅です。

住所:京都府綴喜郡井手町井手

井手町公式サイトさくらまつり情報

5.上賀茂神社

京都市の北部に位置する上賀茂神社。

桜の種類が多く、長い時期桜を楽しめる場所で、3月中旬に咲くカンヒザクラにに始まって、4月下旬にかけて桜が順番に咲きます。

ここは散策コースになっているので、女性一人でも花見を楽しめます。

上賀茂神社境内には、立派な御所桜や斎王桜が咲いていますので、ぜひ見ておきましょう。

京都最古の社といわれる由緒ある場所での桜はとても情緒深いです。

上賀茂神社から賀茂川を下流に向かって散策すると、川沿いに並ぶソメイヨシノをゆっくりとマイペースに満喫できます。

最寄り駅は地下鉄北山駅。徒歩15分です。

住所:京都府京都市北区上賀茂本山339

上賀茂神社公式サイト

スポンサードリンク

6.京都府立植物園

京都府立植物園は、数多くある京都の桜スポットの中でも、一番桜の種類が多いスポットです。

カンザクラや、ソメイヨシノ、キクザクラなど100種類近くの桜を楽しめます。

そのため、3月下旬から4月下旬までお花見ができます。

夜はライトアップもされますし、入場料金も200円とお手ごろです。

通常は9時から17時までの営業ですが、桜のライトアップ期間は営業時間が延長され9時までとなります。

夜桜ですが、女性一人でも安心して楽しめる場所ですよ。

ライトアップ期間はその年によって違いますので、2017年の情報が入り次第記載します。

最寄り駅は地下鉄北山駅で、駅からすぐです。

住所:京都府京都市左京区下鴨半木町

まとめ

女性一人で楽しむための京都の穴場スポットをご紹介しました。

京都では、有名な桜のスポットが本当に沢山あります。

桜の時期は海外からの観光客も増え、京都はとても賑わいます。

おひとりさまで、自分のペースで行動したい女性にとって、過ごしやすい場所をピックアップしていますので、ぜひ活用しておでかけください。

ご紹介したスポットで桜を見るだけでなく、その周辺を散歩して、春の季節を存分に感じていただきたいです。

 - おひとりさま季節イベント